2017年度一般社団法人鈴鹿青年会議所
理事長所信


50代理事長 豊田 彰

【はじめに】

1968年6月19日 私が生まれる10年前に鈴鹿青年会議所は産声を上げ、本年で大きな節目である50年を迎えます。当時と比較すると社会環境は大きく変化し、個人の価値観が多様化しました。しかし、創立時の思いと今の思いの根源は同じであり、時代や社会環境がいかに変化しようとも我々青年会議所の果たすべき使命は不変であると考えます。目まぐるしく変化する時代の流れのなか、その時代に応じた運動を展開していく為には、組織としての確固たる信念と高い志が根付いていないと方向性を見誤ってしまいます。だからこそ、創立50年という大きな節目に身を置く我々は、この機をチャンスと捉え、新たなる挑戦の第一歩を踏み出さなければなりません。現在の鈴鹿青年会議所の会員は、これまでの諸先輩に勝るとも劣らない個性と能力を持った同志が集まっています。これまでに個々人が得た貴重な経験や知識を集結させ、これからの鈴鹿青年会議所の歴史を築いていきましょう。

50年前、この鈴鹿に灯された火は、諸先輩のまちを愛する思いと共に大きな炎として鈴鹿に様々な形で残されています。我々は、その炎をさらに燃え上がらせ、希望に満ちた「明るい豊かな社会」の実現を目指して参ります。

【更なる向上を目指して】

本年度は、50周年という大きな節目を迎えます。社会環境が時代と共に大きく変化し、個人の価値観が多様化しているなか、50年という長きに亘り、鈴鹿青年会議所が存続し、今尚、我々が活動できるのは、現在に至るまで多くの諸先輩がこのまちのニーズを的確に捉え、まちの為に活動を積み重ねてこられたことに他なりません。
  時代と共に我々の青年会議所運動にも変化や改革が求められるなか、状況に応じて柔軟に変化することのできない組織では、生き残っていくことすら難しくなります。我々が変化に即した活動を行う為には、何事にも臆することなく、様々な挑戦を繰り返していかなければなりません。これまで築き上げられた鈴鹿青年会議所の歴史と伝統を受け継ぎ、時代の先駆者として地域から必要とされる団体であり続ける為に、確固たる信念と高い志を持って取り組んで参ります。

【個性が生き生きと協和する活力ある組織】

行き過ぎた個人主義が見受けられる現代において、他人を利用価値で図るような傾向があります。しかし、他人をそのような目で見ている人は、いずれ信用を失い孤立してしまいます。個人の権利と自由は尊重されるべきですが、誤った個人主義には、「自分さえ、今さえ」という考え方が自身の根底にあるように感じます。
  自分という存在を中心に物事を考えてしまうことは自然なことなのかもしれません。しかし「明るい豊かな社会」の実現という目的を掲げる我々は、「人が何をしてくれるのか」ではなく、「人に何ができるのか」という考え方を常に持ち続けなければなりません。だからこそ他者に何かを求めるのではなく、自分自身が主体的に行動することの重要性を認識する必要があります。そして、その行動が互いを認め合い、人と人とのつながりを作り、組織は更に強固なものへ昇華します。そのような組織のなか活動し、充実感を得ることで、地域を先導するリーダーに相応しい人財を育成して参ります。

【困難に立ち向かう次世代の光】

 世界で情報通信技術が飛躍的に発達し、自身が子どもの頃には想像もできなかった世界が広っています。教育においても時代の変化に応じて様々な取り組みが行われています。しかし私たちが生身の人間である以上、技術の進歩が教育の役割を補助するものであったとしても、映像等を見ただけのような実体験の伴っていない経験では、人間が本来持つべき力が充分に育ちません。これからの時代を担う子ども達には、様々な事に関心を持ち、失敗や挫折を乗り越えて、いかなる時も前向きに挑戦し続ける意欲をもった人間へと成長してほしいと願っています。
 子ども達が生きる力を身に付け、幸せな人生を送る為には、我々大人が子ども達の将来を見据えて行動を起こすことが重要な担いであることを自覚しなければなりません。未来の鈴鹿を担う子ども達の育成に全力で取り組んで参ります。

【多様性の受容による更なる成長】

 交通手段やインターネット環境の発展により、あらゆるものが国境を超え、世界を行き交うボーダレス社会になっています。このような時代背景のなかで、グローバル化、多分化共生が我々の生活においても重要な課題となっていることを実感しています。
  第二次世界大戦後の日本は、高度経済成長を経て、豊かな国となり、雇用を求めて多くの外国人が入国しました。そして、現在では長期滞在や永住を目的にした外国人が増え、第二世代も含めて日本に生活の基盤を築いています。そのなかで現在の外国人人口比率は、三重県が全国で3位、こと鈴鹿市においても県内で3位と高い比率となっています。このような時代背景を踏まえて、統計から得られる表面的な数字だけに目を向けるのではなく、内包する事柄を正確に把握し、本質的な問題を解決していくことが求められています。
  古くから日本人は、わが国固有の精神を大切にしながら、諸外国より様々なことを取り入れ、発展してきた歴史があります。高度情報化とグローバル化が進む現代において、我々の行動次第では多様性に触れる機会があり、文化や習慣の違いによる考え方が我々の刺激となり、新たな気づきを得ることができるでしょう。諸外国人との交流を通して更なる自己成長につなげ、その先にある真の多文化共生社会の実現を目指していきましょう。

 

【輝く未来を見据えて】

 我々青年会議所は、地域社会の発展に寄与する運動を展開するにあたり、厳しい会計基準やコンプライアンスを徹底しなければなりません。又、会員からお預かりする浄財を生かし、我々の運動の効果を最大に高める為に、予算準拠を徹底する必要があります。地域からより必要とされる団体として運動を行っていく為に、狭い意味での法令遵守だけに止まらず、社会的倫理観を持ち、公正透明で良識ある行動を意識しましょう。これまでの歴史と伝統のなかで培った英知を生かし、円滑な組織運営と組織内の連携を図って参ります。

【全員で行う会員拡大!!!!!!】

 青年会議所は、20歳から40歳までの会員で構成されており、永遠の若さを保った組織という最大の特徴があります。それが故に、毎年卒業を迎える会員が存在し、これまで培ってきた経験や知識が組織から失われてしまいます。青年会議所運動を絶やさず行う為には、鈴鹿青年会議所に所属する全会員が当事者意識を持ち、青年会議所の魅力を一人でも多くの地域住民に伝え、熱い思いと情熱を共有できる志高き仲間を増やし、組織を存続、繁栄させて次代へと繋げていかなければなりません。
「青年会議所運動の素晴らしさを全員が改めて認識し、会員拡大を行おう!」

【新たな気づきを】

 青年会議所には新たな出会いや気づき、そして新たな友情を育む場があります。それは日本青年会議所への出向です。私は各地青年会議所とのつながりを様々な会議や大会への参加、そして出向により創って参りました。鈴鹿青年会議所だけでは経験出来ない場がそこにはあり、志同じくする会員との出会いがありました。現在鈴鹿青年会議所は入会年度の浅い会員が増え、経験値が少ない会員が多く在籍するなかで、日本本会や東海地区協議会、三重ブロック協議会との連携が益々必要とされています。だからこそ、これらの組織との連携はもちろんのこと、志高き会員を出向させる必要があります。又、鈴鹿青年会議所の代表として出向する会員には最大限のサポートを行い、活動がしやすい環境づくりに努めて参ります。出向という機会を最大限に生かし、そこから得た学びや気づきを実行に移しよりレベルの高い青年会議所運動へと昇華していきましょう。

【むすびに】

 挑戦を止めることで人は成長する機会を失います。挑戦することで得られた経験は、たとえそれが失敗であったとしても無駄なことは一つもありません。20歳から40歳という限られた時間の中で青年会議所は、個性溢れる会員や地域の人々からの大きな刺激と自分自身の主体的な行動により、様々な経験の機会を与えてくれます。それによって得た経験は人生においてかけがえのない財産となるでしょう。
 今の自分を形成しているのが過去の産物であるのであれば、未来の自分を形成するのは今の自分の行動です。過去を反省することは大切なことですが、悔いることは最も恥ずべきことです。限られた時間の中で精一杯の努力を重ね、悔いのない青年会議所運動を行って参りましょう。
 「その挑戦こそが希望に満ちた「明るい豊かな社会」の実現という未来につながると信じている。」


【スローガン】

【基本理念】

挑戦する気概を持ち、仲間と共に切磋琢磨し、粘り強く行動する。

【重点項目】

・鈴鹿青年会議所創立50周年ビジョンの実現と検証

・創立50周年式典、記念事業の実施

・仲間とこころを一つにする人間力開発事業の実施

・子どもの将来を見据えた青少年健全育成事業の実施     

・多様性を受容する国際交流事業の実施     

・会員全員が当事者意識をもった会員拡大の実施


▲ページトップ